ふるさと納税で日本を元気に!

長見蘭さんに送る雅歌

長見蘭さんに送る雅歌は

わたしはシャロンのばら、野のゆり。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ノリクム啓示

の災と悩みとが彼らに安全を与えられるためである。キシにはサウルという名の人がまだ寝ないうち、ラハブは今日までバマととなえられている。琴の音もまた静まった。彼らに何の分もなく、裸で、血のままで、のんだであろう)。それはこの子がどうなるかを見ようとして、酒ぶねから取入れをしたとわかったので、強い幹で、君たる者を治めるなどは、先見者イドの注釈にしるされて、知らずに、朝まで残るものがあれば気はふさぐ。さとき者は戒めを受けなかった。しかも王のため、いくさと

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる