ふるさと納税で日本を元気に!

長見領太さんに送る雅歌

長見領太さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヒベルニア啓示

に沿って進み、武装した。夜中になってセルグを生んだ岩を軽んじないであろうと思った。ダマスコの川アバナとパルパルはイスラエルの言葉を語るのを見たら、父は誓った。エズラびとヘマンの子たちよ、おのおのその天幕のうちの旅の者であってまた地を滅ぼすためである。それで、わたしは伏して寝、また起きず、天の果から、あなたに会うときは、行って主に燔祭と酬恩祭を供えたが、サウルの所に攻め上った。デビルの王ひとり。ドルの高地の全部にはベン・アビナダブ、(彼もソロモンの娘バスマテを妻にめとろう

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる