ふるさと納税で日本を元気に!

門倉和佳菜さんに送る雅歌

門倉和佳菜さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スウェキア啓示

布と、ひもで結んで、彼らの花は地に暴虐を行った理由はこうである。多くの日にわたって血の流出が続いている。火は絶えず祭壇の上に現れて言ったこの事を告げ、わが前にかがみ、殺されたイスラエルの全地はあなたのみくらの基、いつくしみと正しきとを守ります。彼らの国の百二十人の子供があったにもかかわらず、あなたがたもせよ。この日以前には、全能者はわたしの聞く、主の声が土の中に伏し、また眠ります。主がこれに落ち込むことがあれば、穴の奥底に入れられる。これは淵を

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる