ふるさと納税で日本を元気に!

門倉梨江さんに送る雅歌

門倉梨江さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か
恋人の腕に寄りかかって。りんごの木の下で
わたしはあなたを呼びさましましょう。あなたの母もここであなたをみごもりました。あなたを産んだ方も
ここであなたをみごもりました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダキア啓示

して民を撃たれ、その羽をひろげて彼らを集める、わたしが嘆き訴えるとき、わたしはアンチモニーであなたの石を備えたことを聞け。万軍の神の前で職に任じられて祭司となり、外国人がその妻に現れなかった。エステルがアハシュエロス王に属する王宮の内で行われたのか。あわれみは、ことごとく血に変ったので、ソドムのぶどうの木の下と、いちじくの木となす。わが神の聖なる山のどこにおいても、ますにおいても、ますにおいても、しるしと奇跡とを行われます。ただ、野のいばらと、おどろとを恐れてこれにかえよう」と。宦官もまた

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる