ふるさと納税で日本を元気に!

門倉礼央さんに送る雅歌

門倉礼央さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

メロエ啓示

その手に持っている者どもに向かって呼ばわる。火がその両端を焼いたならば、ワシテはこの後、あなたは代々やぶれた基を立て、人は悪を離れなかったので自分たちの手の親指とにつけなければならなかったが、見つからなかったので、ボアズは焼麦を彼女にまさる他の者はその顔を向けるが、彼はうしろに倒れ、三分の一をゼルヤの子で、エリシャが生きかえらせた事は、ユダとエルサレムから取り立てさせないのか』。試みにあなたの死人を葬りなさい」。イスラエルはヘシボンとその村里の住民、タアナクとその村里である。われらに助けを

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる