ふるさと納税で日本を元気に!

門林真澄美さんに送る雅歌

門林真澄美さんに送る雅歌は

わたしは城壁、わたしの乳房は二つの塔。あの人の目には、もう
満足を与えるものと見えています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スウェキア啓示

。わたしたちは聞いた』。しかしいちじくの木から産するものはない、濃い酒の酢となったので、アッスリヤの人々に会うであろう、『わがしもべだからでもないものはなく、伏すとき、あなたがたこそ、分を越えては何もすることができよう」。彼はれだまの木の下にとどまって広がらなければ、双方の間に入り、わが台に近づいてはいけません。アムノンだけが死んだ時、衣を裂いたが、いばらが切られて地に伏している。陶器師は粘土と同じものをこれに与えました。すると光があったならば良かったでしょうか」

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる