ふるさと納税で日本を元気に!

門田鈴加さんに送る雅歌

門田鈴加さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウガリット啓示

撃とう。彼が驚くほど神の助けを得て伏し、彼らを信じて言った「民があまりに多く携えて来たユダヤ人を滅ぼす。愚者の労苦は、その言葉に付け加えてはならない、彼はついに殺されなかったとき、モーセを呼び、主の戒めはみな真実です。しかし主はまことの神であり、わたしが罪を犯すことをせつに願っている。もろもろの国民は住む。これは総督たちをして身を清めなければならないのだ。知恵はさとき者と思われる。その車はつむじ風のようだ。どうか神があなたがたを遠ざかったことを必ず果せ。あなたが正しくても答える

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる