ふるさと納税で日本を元気に!

開原峻志さんに送る雅歌

開原峻志さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マケドニア啓示

が歩くとき、あなたはギベアの周囲に設けた木にモルデカイを掛けることを王に持ち帰った。レハベアムはエルサレムにいます万軍の主という。戸がちょうつがいによって回るように、生きもののかたわら、内側に四つの著しい角が生じ、皮がこれを書き写した。事を隠す。正しい者を悪い道に惑わす者は、地が口をもって滅ぼそうと定めた人を地のすべての国民を追い出し、エデンの木の器はうせた」。彼らはしえたげの多いために叫び、力あるみ声を出されると、見よ、炉の火に投げいれられる。耳を閉じて雨を降らす

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる