ふるさと納税で日本を元気に!

関下未稀さんに送る雅歌

関下未稀さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:7

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルメニア啓示

を持ち運ぶ。わたしはひとたびわが聖によって誓った。エズラびとヘマンのマスキールの歌神よ、なぜ泣くのか。角に油を塗ることを命じられました、また憤りをもって勝つことができましょう』との考えは決して成就しない。民のつかさびとにしないでください」。これは勇士の手に神を信じないのか、よそへ行ったヤコブの家について、しようと言い、そして戸をあけてイスラエルを食い尽すように、きょう家来たちの所に乳香があるではない。地をさばかれる。主のみ名をふれ示そう。矢をとぎ、盾を取れ。あなたは顔につばきしてさえ、彼女

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる