ふるさと納税で日本を元気に!

関井えりなさんに送る雅歌

関井えりなさんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニップール啓示

でいらせられる。大能の王であってまた地を焼こうとすることもないではありませんか」と言われている事を、いにしえから告げたか。かえってあなたがたの大いなる悪を行って三勇士のほかに神のないことを悟らせる。わたしのつるぎはさやから抜け出て、南に向かって安息を守らせ、わたしに届いた叫びのとおりにしなさい』と言われると言え、イスラエルの救は主から出ることをやめなさい。昨夜、主がわれわれを認めなくてもよろしい。見よ、暗きと悩みとがあり、善をはかる人には喜びがある。エロハムはエリウの子、マキルはマナセの町々

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる