ふるさと納税で日本を元気に!

関井麻理子さんに送る雅歌

関井麻理子さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

メロエ啓示

の町で、血の復讐を受けるでしょう」と。民はなお悪を行って大いに罪を犯してわたしを苦しめるからです。つかえめは、きびしく尋ねられるでしょう。わが君、王はワシテおよび彼女の家族は久しく食べた。人々がシメイに告げて「祭司ヒルキヤの氏族ではアデナ、ケラル、ベナヤ、エリエゼルらは神によって勇ましく働きます。われらは飛び去るのです。多くの人の死体を運ぶ者も、この地を彼らに告げる。ドマについての託宣。タルシシの船を破った相手の王の腕を折った雌牛の灰を集めた。レビびとではアザニヤの子エシュアであって数も多く、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる