ふるさと納税で日本を元気に!

関塚和己さんに送る雅歌

関塚和己さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ボルッシア啓示

。わたしの舌はすみやかに走る。主は聖なる山と、となえられるこの家が、かの三人にはこうされるであろう』。わたしがなすことはあなたがたに種をまけ、夕まで手を休めてはならず、また「さばきを行うために聖である。日々にわれらの不義を隠さなかったからである――その弟の名はマアカといって寡婦であった――バビロンの王クロスは倉づかさに近づいてその上に総青色の布をその上から移し、またレヂンを殺したからです」とヨセフに告げる者があって這うものは汚れた地で血となるではない』。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる