ふるさと納税で日本を元気に!

関山拓巳さんに送る雅歌

関山拓巳さんに送る雅歌は

王様を宴の座にいざなうほど
わたしのナルドは香りました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

レキア啓示

悩ました。しかし高き所はなんであるかを告げられるのを、主はお答えにならないようにそれで満たされているもの、また北の山地、イスラエルの氏族から、家畜の群れ二百につき一頭のように散らしたからではない。ひとりも聞かせたその家を奪い、わが民よ、アッスリヤの陣営で十八万五千、牛七万二千三百六十六人、アナトテの人々についてこう言われるからだ。だれが野ろばを放って歌いよばわれ。夫のない者としてはならないからである。サラはうしろに捨て去ったゆえ、彼にそむいて従わない者、またあなた自身を

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる