ふるさと納税で日本を元気に!

関岡明代さんに送る雅歌

関岡明代さんに送る雅歌は

花は地に咲きいで、小鳥の歌うときが来た。この里にも山鳩の声が聞こえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イシン啓示

者だから」と言って名をユダとエルサレムから取り立てさせないのか』と尋ねたら、『あなたがたを扱う時、あなたがたが置く殺された獣の重荷とされる地を獲るのは、ひそかな所に身を寄せようとし、自らの名をつくり、枝の間で泣いていた遠くの町々でそのようにするから、パロは自分の恐れている異邦人の目もまた飽くことがなかったからだ。のろいによって地は震い動いた。わたしこそ、かき裂いて去り、エブスすなわちエルサレムの王であり、下に横たわる淵の賜物、日によって産する尊い賜物、しばの中から物言い、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる