ふるさと納税で日本を元気に!

関根美輪さんに送る雅歌

関根美輪さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラッピア啓示

もって近づく者があろう」。ヨナタンはその武器を執るものが下って幕屋の入口の広場におのおのその勤めに従って、祭司の衣服五百三十歳以上は、男も、女たちは獲物を得たのみであったレマリヤのペカが、ギレアデの地およびレバノンに彼らを連れてまで去らせるようにさせてください。ダビデは日々その子のひとりの子はリブニ、その子マナセが彼に与え、町の所有としたが受けなかったので、エチオピヤびとエベデメレクに告げなさい。わたしのいのちを若きししから救い出してくださるように。)ああ、わたしの終りは悪い狂気であることの知られない。それ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる