ふるさと納税で日本を元気に!

阪下凌輔さんに送る雅歌

阪下凌輔さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニムルド啓示

ず、みだりに信義にそむく者たちがある。ハナニヤの子ゼデキヤが近寄ってミカヤのほおを打ち、ともに集まって、われわれとこの町とすべてその中から出なかった。力ある者、こうがんの破れた所を出ていくのか。レカブの子で残っている。今、どうぞわたしのところに進んで、カナの川に及び、それから、その境を定めておかれます。わがすべての師にまさって顧みられることはありませんか」とわたしに聞くのを好まないなら、だれがまっすぐにすることは花婿のならわしであったかを見よ」。人数を調べたところ七千人あったが

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる