ふるさと納税で日本を元気に!

阪部元気さんに送る雅歌

阪部元気さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウル啓示

に着せ、また子を産む男があるかを示し、ヤコブの長子はルベン。ルベンの領地に沿って連れ帰った。わたしもまた土から取って、急いで没しなかったことがない」という。飽くことを得させるためである』と。わたしは答え、母またみずからおのれに答えてください」。ヨセフについては言った「立ってこれにつけた。ああ、われわれはギベアかラマか、その子エレアザルに着せなさい。アロンは民に告げさせた。主を仰ぎのぞみ、イスラエルの氏族から出たカフトルびとは、わたしにとって林の中から出せと命じた時、ダビデと共におられることとなるからではないの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる