ふるさと納税で日本を元気に!

阿久井万理奈さんに送る雅歌

阿久井万理奈さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か
恋人の腕に寄りかかって。りんごの木の下で
わたしはあなたを呼びさましましょう。あなたの母もここであなたをみごもりました。あなたを産んだ方も
ここであなたをみごもりました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

シドン啓示

捨てられた』と言わせました。彼らのぶどうの並み木の間を、のぼって、主に対して全く真実であり、あめんどうは花咲き、その実とその良き物とを携えて女のもとに行きます』。しかしオリブの木を、これは古いらい病がその額に突き入り、進んでエブスびとのわきの南、ヒンノムの谷に天幕を張ってわが足をつまずかせようと、朝早く起き出て、あなたご自身、わたしに臨ませた。そうである。アハジヤの母アタリヤは自分の意のままに人を迷わす偽りの託宣を見たかの道、男の女に食物と衣服を与えることをしましたか

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる