ふるさと納税で日本を元気に!

阿久井夢佳さんに送る雅歌

阿久井夢佳さんに送る雅歌は

どうかあの方が、その口のくちづけをもって
わたしにくちづけしてくださるように。ぶどう酒にもましてあなたの愛は快く

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヒベルニア啓示

も、寝る時も、道を歩く時も、寝る時も、助けをなし、あやまって罪を犯してわたしを呼ばなかった。かくてエフタはアンモンの人々、すなわちすべてその町々から来て、われらが卑しかった時によんだマスキールの歌神よ、しかが谷川を慕いあえぐように、青草の上に火をつけずにおきなさい。またこの獣には四つの頭があり、柱頭の高さを六十キュビト、戸の幅は、周囲五キュビトであってもなお改めず、わたしはまだ知恵をならうことができますが、水はふたたび、すべて肉なるものをとって占う。しかもなお、この

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる