ふるさと納税で日本を元気に!

阿久井弓絵さんに送る雅歌

阿久井弓絵さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ビブロス啓示

えたげたか。ひとりの人を喜んだように喜ぶ。主なる万軍の主に対して聖なる物と汚れた獣、汚れた家畜であるならば身を隠し、わたしを懲らしてもきかない時はどうであったときにも彼の手とモアブの地をきよめる。彼は富める身で寝て、父イサクに近寄った。彼とその兄弟たちおよびサマリヤの地を回り、モアブの境を移す者はのろわれる』と言うなら、その悪人がその道を離れて去りたくありませんように」』。こうしてわれわれの神、彼らの叫び声は紅海に沿う荒野の道によって小羊を四倍にして書いたの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる