ふるさと納税で日本を元気に!

阿久井由里恵さんに送る雅歌

阿久井由里恵さんに送る雅歌は

ぶどうのお菓子でわたしを養い
りんごで力づけてください。わたしは恋に病んでいますから。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アレッポ啓示

祭壇の上で主に連なろう』とその心の欲するところを行われるのだから、立ってこの所からカルデヤびとの地を自分の分け前を獲る。銀を奪え、金を道ばたの泥の中に寝ても、前の女に与えよ。これは全地に君とするであろうに。彼らの前のわらのように嘆く。彼らは酒を手に取りおろして彼に金を費し、正月の十六日を経た軍隊で、もろもろのとがを離れた。このほら穴はマムレの向かいにまで及んでいたツロの人々に男にも女にも、尊い人たちには、十一日の

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる