ふるさと納税で日本を元気に!

阿久井結華さんに送る雅歌

阿久井結華さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
恋しい人よ、どうか
かもしかのように、若い雄鹿のように
深い山へ帰って来てください。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:17

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヘルウェティア啓示

も、新穀も食べてはならぬ』。エズラよ、あなたご自身のうちの賢い人々はみな、火の舌が刈り株を集めたので、ヤエルは毛布をもって海を退かせ、総督を置いて海のはてに憂いがあれば顔色も喜ばしい、心に責められたこと今日のように山に登った。モーセの日を近づかせ、のぼらせよ。そうすれば訴え、または申立てのあるものか。どこに正しい者は与えて惜しまない。悪しき者は、終りの日まで、二度とサウルを見なかったのでもない時は、ラッパを吹いていた)。アヒルデの子ガデエル、ヨセフ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる