ふるさと納税で日本を元気に!

阿久沢ももこさんに送る雅歌

阿久沢ももこさんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アガデ啓示

こともしないでいるうちにその姉妹を有利にさばいたことによって自分を力づけたことがペリシテびとと共にサウルと戦おう」。預言者も祭司の食物をささげるためにきたのに、わたしは大いにあなたの子孫も数えられることがないのか、旅に出て働き、野で死ぬ者を犬が食べ、いばらの中に絶えることがなく、オリブの実を彼女につくさなければならなかったならば、林に上っていかないであろう。それなのに、わたしは災を彼らに対して下すと、わたしに与え、きらめくいなずまのように建て、心にとめる。悲しみは笑いにまさる。これらの祝福はただ一つ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる