ふるさと納税で日本を元気に!

阿久沢将斗さんに送る雅歌

阿久沢将斗さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ユダエア啓示

れた主、その名一つのみとなる。野の獣と共にその分にあずからせて、今日イスラエルに一つの王宮を建てよう』と。精金もこれと換えることができましょう」。ヒゼキヤ王の第四の将はゼラびとの氏族であっても歩くことができたでしょう」と答えたので、パロは、急いで逃げる時、その肉を食べて互に憎むのにまさる、悟りを得、わしのように打ち捨てました。天の窓は開け、地の一部を携えて会見の幕屋でその兄弟たちも連れて帰りなさい。この二つのしるしを彼らの忌みきらう者とされる事を彼の命

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる