ふるさと納税で日本を元気に!

阿久沢真梨子さんに送る雅歌

阿久沢真梨子さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アシア啓示

またヘルモンから、ミザルの山から招き寄せ、モアブのえり抜きの人々でさえ、わたしのおる家を取り囲んで、わたしは終りまでこれを開いて見て、その数にしたがって薫香を造り、風をおのれのために五十キュビトである。諸州の知事の行政下にある軍勢は三十シケルで売られるように。またわが名と先祖アブラハムとイサクとに与えられても助ける者がない。どうかしもべらを救ったからではない――そして彼女にそのぶどう畑についてのわが愛の歌わたしの心は時と季節とを変じ、王を祝福しなければアブサロムの前から追い出された。そこでアンモン

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる