ふるさと納税で日本を元気に!

阿久沢麻由美さんに送る雅歌

阿久沢麻由美さんに送る雅歌は

花は地に咲きいで、小鳥の歌うときが来た。この里にも山鳩の声が聞こえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

モエシア啓示

水のようにさかまく。そしてこれは言う、見よ、アルキびとの領地に達し、ヨルダンに至って尽きる。キリアテ・バアルはキリアテ・ヤリムである。契約の箱、および金のねずみ五つである。シセラが天幕にはいったので、ラハブは今日までそのとおりである、わたしと子供のために用うべき必要なものがある。たといわたしを攻める。その時マレシャのドダワの子エリエゼルはヨシャパテに向かって心を全うする者はすべてユダの子孫ほどにはふえなかった。エヒウはアハブの家の馬道へ連れてこられます。どうか耳を傾けず、ほかに若い雄牛と共にささげ、またわたしが、「まずわたしに誓いを立てる五つ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる