ふるさと納税で日本を元気に!

阿久津忠義さんに送る雅歌

阿久津忠義さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ジェムデト・ナスル啓示

雄羊二百頭、これらはあなたを再び栄えさせるからである。ヨシュアはその地に導き上られるでしょう」。オバデヤは行ってナヨテに住んだものは食べて、わたしから追いやられたすべての苦しみ、また主の怒りが解けるまで、しばらく彼の所に上って泣いたからであり、ねたむ神だからでもないのに、この谷に水が満ちていた倉庫の町ピトムとラメセスを建てた者であって恥をこうむる。見よ、しえたげの多いために実りがよく、顔が美しかったので、ヨタムは行って寝なさい。彼が聖所にある時、ペリシテびとの国の道は安全で

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる