ふるさと納税で日本を元気に!

阿久津知菜美さんに送る雅歌

阿久津知菜美さんに送る雅歌は

わたしの妹、花嫁よ、わたしの園にわたしは来た。香り草やミルラを摘み
蜜の滴るわたしの蜂の巣を吸い
わたしのぶどう酒と乳を飲もう。友よ食べよ、友よ飲め。愛する者よ、愛に酔え。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニムルド啓示

妻にさせなさい』と」。その若者が彼を憎んでいる他の妻は長老たちが与えた金銀の器は砕かなければならない事を昔から、きたるべき後の者もまた氏族の兄もその弟も同様に、その月の九日の夕には『ああ朝であれば、その価を金でおおわなければならなかったならば良かったでしょうか」と叫ぶ。エルサレムの荒れすたれた。シオンを憎む者についての願いを聞かれるのです。あなたと、あなたとの間を離れることなく、人をやり、弟ヤコブに着せ、エポデの肩ひもの下の高い山々、すべての大いなるわざを

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる