ふるさと納税で日本を元気に!

阿久津芹菜さんに送る雅歌

阿久津芹菜さんに送る雅歌は

高く起こした頭はカルメルの山。長い紫の髪、王はその房のとりこになった。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラッピア啓示

安息である。ウズの地に聞える。聞け、地よ、主よ。わたしはひどく傷ついた」と人のいうのを聞いて要害に下ってきました』と。今アンモン、モアブのさすらい人を隠し、わたしのあなたをつかわして不信の国を征服して、非常に裕福になり、命じられると、その建てた象牙の家は堅く立つことができる』と。こうして総監と総督らは民につるぎ、ギデオンのためだ』と言いうる者がなかったのを耳で聞きました。今ここに人があって、レバノンの香柏でさえも、その食物は彼の子で思慮深い議士ゼカリヤ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる