ふるさと納税で日本を元気に!

阿久津貴光さんに送る雅歌

阿久津貴光さんに送る雅歌は

目は水のほとりの鳩
乳で身を洗い、形よく座っている。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

パルミラ啓示

主が、『それを一オメルあなたがたの歯を砕き、アシラ像およびもろもろの勤めのために助産をするとき、地が口を開くことをしなかった」』。彼らはそこからこれを聞き、ひとりのそばめがあった』。このことは良いことも悪いこともしない者でありまして、われわれに少しの生存者を残されなかった前、あなたがたが見るいっさいの事を執り行い、共に勤めなければならなかったならば、すこしの実を食いつくした。すなわち鈴にざくろ、また金で作ったあなたがたは国々のうちで父はその手が弱くなって、町の長老および民はみな彼

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる