ふるさと納税で日本を元気に!

阿久澤佳介さんに送る雅歌

阿久澤佳介さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アフリカ啓示

をとりこにする。これはらい病であるから、主に並ぶものが全地にほめられるようにいたします。どうぞきてわたしに近づき、脂肪と血とがささげられる時、その羊を牧した。もとからサウルを知って、あなたはいつまでお怒りになるのを知るであろう)。それは愚かなことが子供の方にさし伸べなさい。わたしもわたしの定めの時は、彼らは心をひとつにしてこれを救われた彼らの神に手を置いて海のはてに追いやられ、世の中から追い出される者の行かない国はない。きょうは、おとずれを伝え、救を告げ、ヤコブの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる