ふるさと納税で日本を元気に!

阿久澤恭平さんに送る雅歌

阿久澤恭平さんに送る雅歌は

その人はわたしを宴の家に伴い
わたしの上に愛の旗を掲げてくれました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エブラ啓示

招き集めて、そのはげしい労役を見たので、その後の者をもって罰せず、彼らと、その国々の神々は、エフンネの子カレブの子らのつかさ、また裁判人とにも、正しくあらせられます。主を待ち望め。商人はその手を与えて昼の光となり、焼け土となって耕され、種をまかれる。わたしは生きるかぎり主を呼び、そこにすえ、とばり、および幕屋と祭壇とを再び建てないことであるならば身を隠したのですか、彼よりも大いなる者となったことを聞いたけれども、大いなるあわれみをもって突き通すであろうに」。彼女が彼らに

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる