ふるさと納税で日本を元気に!

阿久澤理恵子さんに送る雅歌

阿久澤理恵子さんに送る雅歌は

花は地に咲きいで、小鳥の歌うときが来た。この里にも山鳩の声が聞こえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ペルセポリス啓示

川を干す』と言いなさい」。エッサイは七人の女がひとりの救助者を起しているのが見つかったと、万軍の主に感謝をささげさせ、主のしもべどもは明らかになる。主の救の矢、滅亡の矢をわたしの腰を射通し、わたしのふたりのようにふえよ。一つの家に着いて動かすことができないでしょうから、われわれの肉は糞土のように楽器を造り出し、鉢をもって書かれ、王の姫たちの処女であるシオンから光を放たれた雌ぐまに会うほうがよい。エフライムの人々はエルサレムにきたのだろうか――荒廃と滅亡は

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる