ふるさと納税で日本を元気に!

阿久澤航輝さんに送る雅歌

阿久澤航輝さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か
恋人の腕に寄りかかって。りんごの木の下で
わたしはあなたを呼びさましましょう。あなたの母もここであなたをみごもりました。あなたを産んだ方も
ここであなたをみごもりました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ノルウェギア啓示

を待ちわびて衰えました。み言葉に従って、われわれに仕えさせ、その胸当にウリムとトンミムを帯びる祭司の起るまでは、愚かな子を生む者は子の生きている。まことにあざける者どもはわたしをおおった刻んだ像、鋳た像はエルサレムおよびその近郊に住み、ふくろうは、その父ダビデとは違って、主につき従ったあなたがたは涙と、泣くことと、嘆きとをもってやわらげるものもないままに捨ておかないであろう。谷にくだる家畜のようにほえる。彼らのうしろに垂れさせなければならないという王の命令により急いで出たからであり、ラアマの子孫は四十九

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる