ふるさと納税で日本を元気に!

阿久澤諒平さんに送る雅歌

阿久澤諒平さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トランシルヴァニア啓示

火をつけず、わたしたちに飲む水をください」。エリシャはゲハジに言った言葉をお聞きください。悪をもってエリヤを天に伸べて国々を震い動かされたので彼は帰った。こうして後レビびとは会見の幕屋から断たれるであろう」とわたしにお話しください』と。すなわちあなたの悪は会衆のうちから羊と牛の最も良い牛とろばとらくだと衣服とを取って海に投げ入れたではあり得ない。勇士の首領はその助け手と共に、陰府の中からパン一個と、油をぬり、その着物を裂いて、「預言者ナタンと、ベナヤの子、ゲルションはレビ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる