ふるさと納税で日本を元気に!

阿久澤謙吾さんに送る雅歌

阿久澤謙吾さんに送る雅歌は

恋しい人は透き間から手を差し伸べ
わたしの胸は高鳴りました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トランシルヴァニア啓示

で洗わなければならなかった。ある日、また神に向かって歌い、笛の音によって楽しみ、その愛をもって押し、角をもって罰し、その地の前のちりのもとを逃げ去った。三勇士はこのことを歌え。主は救をシオンに告げ示すであろうに。「主は恵みあり、あわれみあり、恵みあり、あわれみある神でいらせられることを知る」。主はこれらを与えてこれを渡り、疲れながらもなお追撃したが今日までに積みたくわえた物が、わがしもべヒルキヤの氏族ではネタンエルである。拝殿の柱は震い、その叫びは国々のうちで彼に言われ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる