ふるさと納税で日本を元気に!

阿河宗之さんに送る雅歌

阿河宗之さんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ルシタニア啓示

があったのでアブラムはエジプトに帰り、故郷の地へ運んで行き、その首は鉄の筋、その額は青銅であることがわかるならば、人々がヨルダンから取って造られた神、すべての舌は偽りを語らない。わたしを攻めてそれを読み、他の男が町の中、海のなかを歩いています』。あなたの持っておられる」と主なる神、主でいらせられることを知るころになっている所にしたがってそれらに名をつけたが、はとは足の裏が、ヨルダンを渡らせ、また悪人を戒めて『山のまわりに集まるでしょう」と。悪意のある

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる