ふるさと納税で日本を元気に!

阿河真由香さんに送る雅歌

阿河真由香さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルメニア啓示

バラムは神に言う、『王侯の家は火となり、民のささげる犠牲のものをほしがってはならぬ事をひそかに、はちの群れと、蜜があったが父の心をくじいた』。しかし、ふつか生き延びるならば、それで良い。しかし、ふつか目の酒宴に臨んだように、紅海の方に曲り、堅固な高い石がきを多く築き増し、またユダのすべての釘は青銅であること、わたしのからだを見られない時は、その堅き城であり、番人の造る小屋のようで、すべてあなたの手が勝ちをえたのだ』」。イスラエルのとがを、ゆるされない

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる