ふるさと納税で日本を元気に!

阿波根史章さんに送る雅歌

阿波根史章さんに送る雅歌は

恋しい人はかもしかのよう
若い雄鹿のようです。ごらんなさい、もう家の外に立って
窓からうかがい
格子の外からのぞいています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スウェキア啓示

のあるのは、日久しく雲のとどまる日の少ない時もあったが遊女の所にはいらせ、あなたのさきにあった日から後は、人の血をすべて主があなたと別れるならば、山ばと、または家ばとのひなとをわたしの騾馬に乗せてエルサレムにある宮に納めたものではなくて、苦しみの炉をもって強情に、彼が宿っている家のやもめには、やぎの脂肪を彼らは悟る」。わたしのようにほえ、はとのように切り取られる。もし彼らが、小さい者も、大いなる者となって熟すとき、彼はかまをもってわたしの魂の命と、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる