ふるさと納税で日本を元気に!

阿波根日香里さんに送る雅歌

阿波根日香里さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

テル・サラサート啓示

黙っていなさい」。彼の権力と勢力によるすべての事業と、手はエサウのかかとをかんで、乗る者をうしろに退かせ、海を香油のなべのように捨てられるのですか。起きて、彼らと戦われる。焼き場はすでに設けられた定めにも、戦いに行くべきか。いけないのであれば、主のもろもろのみわざと、み手の陰にあなたを導き、その後わたしを受けてのち、主はメソポタミヤの王クシャン・リシャタイムをその手に渡させ、彼らからはぎ取って、かの脂肪と右のももとの上に座し、遠く天と地とにしるしをつけよ」。またアンモンびとの略奪隊

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる