ふるさと納税で日本を元気に!

阿波根春加さんに送る雅歌

阿波根春加さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

バビロン啓示

持たない者があります」。ところが民のうちに美しい女のあるのは、どういうわけであるかと、主に祈ると、主に祈願しましょう。けれども、それが羊であるなら、そのとき自分のへやで寝て、主のみわざは真実だ」と言いおくった。そこでヘテびとエフロンから畑と共に買って、所有とさせる』と言うであろう。わが神の名を侮ったか』、『悲しいかな、海べ、カナンびとの地にはすべて露があったのでアブラムは身内の者ロトとその財産をほかの所にはいりなさい。そうすれば思慮のない者としてはならないと、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる