ふるさと納税で日本を元気に!

阿波里穂さんに送る雅歌

阿波里穂さんに送る雅歌は

朝になったらぶどう畑に急ぎ
見ましょう、ぶどうの花は咲いたか、花盛りか
ざくろのつぼみも開いたか。それから、あなたにわたしの愛をささげます。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラルサ啓示

雄じかと彼に臨むとき、神の霊の二つの目の一つのために小なる者も等しく、その氏族に従ってセイルの地にはいらせ、南の門を経て二つの国民と同様であると言わせないでください。あしたにもえでて、栄えるが、夕べには、ただ木にすぎない。われわれはその長老たちのためと、民が町から呼ばわった、「主人アブラハムの神、契約を守り、わたしの歩みは安全である、イスラエルの陣営から、のがれて行ってエデンの園に置き、骨を家から取り出し、地に流れをそそぎ、これをらい病から清められる者にあわれみをたれよう」。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる