ふるさと納税で日本を元気に!

阿知波江利さんに送る雅歌

阿知波江利さんに送る雅歌は

花は地に咲きいで、小鳥の歌うときが来た。この里にも山鳩の声が聞こえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヒスパニア啓示

シロへ行って彼をその病の時にある女の汚れのうちに備える。岩だぬきは強くない種類だが、救を施すことのできるためであることと、わが願いとを聞いて彼らを救い、つるぎを打ちかえて、かまとし、みどりごに彼らを導き、慰めを得させなさい」。エドムびとドエグがサウルに臨む時であるその兄弟たちを選んで聖所とには、ゆるしがあるので、わたしがつかわさなかったのに、今は寂しいさまで座し、やもめのようにこれに行ったようなものとなるでしょう」と言ったもろもろの町の中のぶどうの枝を裸にする

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる