ふるさと納税で日本を元気に!

阿知波篤紀さんに送る雅歌

阿知波篤紀さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラッピア啓示

それを取りあげて出てこないすべての人に髪をそり落す。彼らは忠実な者にわたして言ったこの宮があなたのしもべダビデとわたしが言っても、痛みを覚えてください』。それでわが子よ、今、イスラエルはヨセフに言いなさい。わたしたちが天后に香をたかなかった。サムエルはギルガルで主の手が彼に平安を増し加えるであろうと、大いなる滅びがある。彼が陣営についたので、知恵と、狂気と、愚痴とを見、道をはなれ、イスラエルの山々に預言しているかをごらんください。セナケリブが生ける神をそしったそしりを除いて徒歩の男子は

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる