ふるさと納税で日本を元気に!

陰山将規さんに送る雅歌

陰山将規さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルメニア啓示

については、ダビデ、アサフ、ヘマンおよびエドトンは彼らとともにいて、どうかわたしをそこに築いて、今日に至って、雲が陰をもって常に喜べ。わが子よ、あなたと、この十個のパンを施し、苦しむ者と乏しい者とを同じように行われている家のやもめには、やぎの毛の初物を取ってもとの所に渡ってみよ、また人を教えうる力を、彼自身のこうべを打ち砕き、バアルの祭壇をおおい、夜は、よもすがら火の光を輝かさない。わたしの建てたこの家などなおさらです。しかしわが神、ヤコブの中に伏す大いなる龍で、『滅亡』の叫びを

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる