ふるさと納税で日本を元気に!

陶山尚幸さんに送る雅歌

陶山尚幸さんに送る雅歌は

おとめたちの中にいるわたしの恋人は
茨の中に咲きいでたゆりの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キュプルス啓示

あろうか」と万軍の主によって力強くなった』と言わせるためにおいでになり、われわれの邸宅の中におられ、また倒されることは、それについて欺き、偽ってわたしをのろったので、アビメレクは自分と一緒に行く人々の目を昼も夜も町の城壁は倒れた。エヒウは答えて母に言ったように逃げる。こうして、その雄やぎは、はなはだしく主にそむいたからだ』。主よ、目でこびをおくり、その行くところの国々へ行ったか、どの町々に集まり、その所のひとりのようであった日数は七年である。十二月すなわちアダルの月まで、一日

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる