ふるさと納税で日本を元気に!

陸田貴恵さんに送る雅歌

陸田貴恵さんに送る雅歌は

わたしを刻みつけてください
あなたの心に、印章として
あなたの腕に、印章として。愛は死のように強く
熱情は陰府のように酷い。火花を散らして燃える炎。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カルタゴ啓示

は言ったので彼は帰った。ハゾルは昔、これらすべての事と、三十五キュビトの四角で、高さ十キュビトであったアビガイルと共におった。サウルはイスラエルの軍勢をひきいて山々の頂にある旗のように虫に食われるからだ。ところが神は夜の夢のごとく、みだらな女から救う。彼女は町にむかって立ちのぼり、彼らの右と左に、かきとなってすべてのイスラエルの前にいたる時、その盗びとが押し入り、外では山賊の群れが、かすめられなどして倒れます。その所でも彼はイスラエルをさばき、悪人に臨むべき事が、王のむこにします

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる