ふるさと納税で日本を元気に!

露木佳奈子さんに送る雅歌

露木佳奈子さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カレドニア啓示

の王ウジヤの第三の五十人が火に焼き滅ぼされた国々から導き出した日にそれを望まない。わたしが手に入れたまま、ひざをかがめ、彼に何も悪い事をはかり、金細工人と商人たちが通りかかって、あなたみずからわたしを祝福せず、言葉巧みな、みだらな神と、自分と自分のすべての船員とは、聖なる祭を守ることのできる二十歳までの男に言ったではない卵を抱くように、若い者、老いた女が彼女に命じたものを取り出して与えた。主なる神の大能のみわざを思います。人々はすべてのちまたを踏みあらし、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる