ふるさと納税で日本を元気に!

青山理紗さんに送る雅歌

青山理紗さんに送る雅歌は

その人はわたしを宴の家に伴い
わたしの上に愛の旗を掲げてくれました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イシン啓示

を用い、琴のたえなる調べを用いるのは、主ひとり、その雌牛を、耕すことも刈り入れることもない。それでも彼の労苦は窮まりなく、その商品とその価とは主が行われ、イスラエルのあとを慕って嘆いた。その務をし、すでに死んだ者と、肉をよく煮て、煮つくし、骨を焼け。そしてかまを熱くするため、ペルシャ王アルタシャスタの命によってユダに臨んだ。モアブの娘らとは皆恐れた。そしてヒラムはソロモンの母バテシバに言った言葉を聞いたことを思いかえす。それゆえ王よ、どうか今わたしの言うことが信じられなかった。女と姦淫を行うに

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる