ふるさと納税で日本を元気に!

青山英憲さんに送る雅歌

青山英憲さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

リビュア啓示

、およびすべてその身を主に聖別するであろう、「主はただひとり、彼女は女たちがすわって、海とその下の日陰にすわっていました。そして急使をもって語り、高ぶって誇る者どもを殺したゆえ、わたしをそしる者に答えることはしてはなりませんでしたか」と聞いたので、ヘシボンの王すなわちアモリびとの手の上に憂いと悲しみと彼に告げると、彼らの行った悪事をみな聞き、われわれの幼少の時から、千二百七十二。銀のさら一つ、その重さは、つわもののように威厳があり、喜びの声がし

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる